附中三精神

「附中三精神」を日々の行動で示そう

【自 発】 爽やかな挨拶で

【創 意】 活発自由な話合いで

【責 任】 たゆまぬ努力で

学習指導要領改訂の基本方針

よりよい学校教育を通じて よりよい社会を創る “生きる力”(知徳体)の育成

□ 社会に開かれた教育課程

□ 育成を目指す資質・能力の明確化

□ 主体的・対話的で深い学びの実現

□ カリキュラム・マネジメントの推進

秋田大学の第三期中期目標

知の交わりが躍動する、学修者中心の大学たることを目指す

1 教育の質の国際有用性を高める

2 イノベーションの創出を推進する

3 社会連携・協働を推進する

4 諸外国との学術交流を推進する

5 健全で効率的な大学経営を目指す

あきたの教育が目指すもの

ふるさとを愛し、社会を支える 自覚と高い志にあふれる人づくり

1 確かな学力と高い志を育てる教育

2 心と体を育み、自立を支える教育

3 地域とともに取り組む多様な教育

□ 人口減少が進む本県の未来を担う人材の育成

□ 秋田県の優れた教師文化の若手教員への継承

本校の使命

1 日本の栄えを担い立つ人材の輩出

2 時勢に棹さす先進的な教育の研究

3 郷土の未来に寄与する教員の養成

4 県内の中学校教育への貢献と先導

教育目標

あの丘を越えよ

-自発、創意、責任と自治の精神高らかに-

少し遠くにあり、登れそうで登れない「あの丘」は、容易には実現できない「一人一人の志」の象徴です
自分なりの道を切り拓き、志を実現するために必要な資質・能力が、自発、創意、責任と自治の精神です

学校経営の基本方針

Student First 

 生徒が、その日の生活の設計に胸をふくらませ、喜び勇んで登校してくる学校を創ります

Environment 

 時間、空間、仲間の三つの「間」を大切にして、学びやすく、働きやすい学校を創ります

Good Relation 

 大学や四校園、県・市教育委員会、家庭や地域と連携して、地域とともに学校を創ります

めざす学校像

1 豊かな個性が躍動する学校

2 教育の理想を追求する学校

3 文武両道に励み秀でる学校

めざす教員像

1 個性を見取り、認め、磨き続ける、寛大な教員

2 先見性と情熱をもち、真摯に学ぶ、志高き教員

3 高い専門性と、識見に富む、魅力あふれる教員

附中三精神とめざす生徒像、育成したい資質・能力と今年度の重点課題

自 発

生徒像

主体性をもって挑戦する生徒

資質・能力

□ 自分の可能性を信じる自己肯定感

□ 人真似せず自分らしさを貫く態度

□ 挫折しても、立ち上がる粘り強さ

重点課題

□ 授業時数確保と学力・成長保障

□ 心の教育(道徳教育)の充実

□ 教育相談体制の一層の充実

□ 学校図書館機能の活用の推進

□ 自治の精神を鍛える場としての学校行事と生徒会活動の活性化

創 意

生徒像

批判的思考力を発揮する生徒

資質・能力

□ 偏りなく、筋道を立てて考える力

□ 他者を受容できる寛容さと柔軟性

□ 多面的・多角的に考え議論する力

重点課題

□ 大学と連携した理数教育の推進

□ ミエルトークとNES評価の充実

□ インクルーシブ教育の推進

□ ICT教育、遠隔授業の推進

□ コミュニティスクールの機能を生かした特色ある学校経営

責 任

生徒像

使命感をもって行動する生徒

資質・能力

□ 実社会の現状に対する興味・関心

□ 物事を自分ごととして捉える態度

□ 失敗を恐れずに立ち向かう逞しさ

重点課題

□ 国際理解、外国語教育の充実

□ 新学習指導要領の全面実施に向けた実践の蓄積と検証改善

□ 附属学校の存在意義の明確化→研究成果の公開と発信、普及

□ 業務の効率化と働き方改革