最新情報:秋田市中学校3年生交流大会激励会

    R2-満開の桜

    4月13日(月)
    2階の3年生棟や、3階の2年生棟から見た校庭の様子です。ご覧のように桜は満開です!生徒の皆さんと一緒に春の景色を楽しめないのはとても残念ですが、少しでも学校の様子が伝われば幸いです。

    R2-満開の桜2

    4月14日(火)
    今日は、直接中庭から撮影した桜の様子をお伝えします。中庭は美しい桜色で一杯です!自宅待機は気持ちの面でも大変だと思いますが、前向きに前向きに考えて、自分を磨いていこう!

    R2-満開の桜3

    4月16日(木)
    本日は天気も快晴で、中庭の桜も美しく映えています。気温も温かく、春の空気がとっても清々しいですね!皆さんも頻繁に換気をして春の香りを楽しんで下さいね!(写真から香りが届けばいいなぁ)

    R2-ネット職員会議

    4月16日(木)
    生徒の皆さんが登校された時、元気にお迎えできるよう、職員室も3密をさけて構内の至る所で仕事に励んでいます。今日は、PCとタブレットを用いてネットで職員会議をしました。オンライン授業を提供できる日も近いぞ!

    R2-オンライン授業の試行

    4月20日(月)
    3年A組の協力のもと、第一理科室にてオンライン授業の試行を行いました。授業者は菊池智則先生。授業内容は理科の「電解質と非電解質」。テニスボールや砂糖などの実物やビデオ教材を用いて、授業を展開しました。多くの生徒の笑顔が画面に映し出され、周りで見学していた先生方にも笑顔が広がりました!

    R2-桜散り始め

    4月21日(火)
    名残惜しいものですが、中庭の桜も徐々に散り始めました。ひらひらと宙を舞う花びらは、庭の池や校舎の周りを桜色に染めていきます。生徒の皆さんには申し訳ありませんが、もう少しの間、我々職員の目を楽しませてくれることを願っています。

    R2-3年生4学級オンライン授業

    4月22日(水)
    20日(月)の試行に続き、今度は学年4学級での同時授業を試みました。生徒の皆さんがすぐに操作に慣れて授業を楽しんでくれる様子に、どの先生方も驚きと嬉しさを感じていたようです。次は他学年でも試行を始める予定です!この勢いでコロナに立ち向かうぞーっ!

    R2-1年生オンライン授業試行

    5月1日(金)
    今日は1年生で試行をしました。学級担任からの質問やクイズに答えたり、操作方法の確認などをしたりしながら約30分、楽しくコミュニケーションをとることができました。みんな楽しそうに参加していましたが、まだお互いのことをよく分かりあえていない状況で、オンライン授業を行うことの難しさも実感できた一日でした。

    R2-交通安全教室

    5月22日(金)
    感染症対策に十分考慮した上で、交通事故から命を守るために1年生の交通安全教室を行いました。秋田中央警察署から講師の方々をお招きし、自転車を運転する際のルールや、防災に関するお話をお聞きしました。「1人に1つしかない命を大切にしてほしい」というお話に大きく頷きながら、真剣に講話に聞き入る姿が見られました。

    R2-前期生徒大会

    6月19日(金)
    新型コロナウィルスの感染防止のための規制が緩和されたことに合わせて、前期生徒大会を開催しました。生徒会執行部と6つの委員会から、それぞれの活動計画案が説明され、すべての案が承認されました。会の後半では図書委員会から提案のあった、学習用具持ち帰り検査について全校で意見交換を行いました。「自分で自分の持ち物を管理することが附中三精神につながるのではないか」「ロッカーの管理が出来ない人がいる以上検査を行うべきだ」など、多様な意見が飛び交う建設的な議論の場となりました。

    R2-秋田市中学校3年生交流大会激励会

    7月8日(水)
    7月11日(土)を皮切りに分散開催される3年生交流大会に出場する選手団を激励しました。例年とは違い、様々な制限がある中での大会ですが、各部の選手からは思いの込もった決意表明がありました。原校長先生やPTA会長の進藤様からの激励のお言葉、家庭部、美術部からの横断幕やプラカードなどのプレゼント、応援団の力強いエールを受け、3年生は集大成となる大会へ臨みます。ベストを尽くし、感謝の気持ちをもって頑張れ附中生!

  •  

    4月4日(木)
    147名の新入生を迎え、本校体育館で入学式を行いました。式では学級担任から一人一人の名前が点呼され、新入生は元気な声で返事をしていました。新入生のみなさんが一日も早く中学校生活に慣れ、附属中学校の生徒として大きく成長していくことを願っています。

  • 4月5日(金)
    生徒会入会式後、部活動紹介が行われました。各部とも趣向を凝らし、実技や実演、作品紹介などを交えて魅力をアピールしました。入学2日目でまだまだ緊張ぎみの新入生ですが、上級生の楽しそうな雰囲気と部活動に真剣に取り組む姿を興味深く見ていました。

    4月22日(月)
    当日は、暖かくて天気の良いお花見日和でした。2、3年生は千秋公園に向かい、満開の桜を見ながら公園を散策して観桜会を楽しみました。1年生は、校地内の桜の下で昼食をとり、クラスメイトと楽しい時間を過ごすことができました。

    5月31日(金)
    研究テーマ「共に未来を切り拓く 開かれた個-批判的思考力の伸長を促す授業改善-」のもと、県内外の教育関係者を中心に約450名の参観者が来校し、授業研究会を行いました。公開授業では、昨年度からの取組である「ミエルトーク」や自己効力感や自己有用感の変容が見られるNES評価の活用場面を設定し、生徒同士がお互いの考えを認め合い、新たな価値の発見に向けて学ぶ姿が見られました。午後からは秋田大学教育文化学部こども発達・特別支援講座教授である森和彦(もり かずひこ)先生を講師としてお招きし、教育講演会が行われました。

  • 6月6日(木)
    最高の天候とグラウンド状態。マラソン大会では多くの生徒が自己ベストタイムを更新し、走り終えた達成感が表情から伝わりました。駅伝大会では、クラス代表として気迫ある力走が随所に見られ、多くの応援がそれぞれのドラマを演出しました。閉会式で3名の生徒が充実の一日について感想発表をした後、各クラスで集合写真をパチリ。走る足音や息遣い、応援、歓声はクラスの絆をさらに深めました。2020年大会が今から楽しみです。

  • 6月12日(水)
    第1体育館に全校生徒が集まり、市中総体に出場する選手団を激励しました。原校長先生やPTA会長の金子様からの激励の言葉をはじめ、家庭部からは横断幕のプレゼント、応援団からは力強いエールが送られました。がんばれ、附中生!

  • 6月15日(土)~17日(月)
    第68回秋田市中学校総合体育大会が開催されました。総合開会式では、各校応援団の声援が飛び交う中、附中選手団も堂々と行進しました。各競技では、選手たちがこれまでの練習の成果を発揮し、精一杯の力と技を尽くして健闘しました。また、応援団も選手と一体となって試合に臨み、大声援で盛り上げました。

  • 6月22日(土)
    3年生は第1体育館でボール送りとフリースロー、2年生は附小体育館で風船パタパタリレーと玉入れ、1年生は第2体育館でしっぽ取りゲームを行いました。どの会場もナイスプレーや珍プレーでたいへん盛り上がり、親子で心地よい汗を流した楽しい時間となりました。

  • 6月26日(水)~27日(木)
    田沢湖周辺で宿泊研修を行いました。わらび座での『いつだって青空』観劇のあと、劇団員の方々のご指導のもとクラス別によさこいの踊りを練習し、披露し合いました。2日目にはクニマス未来館で職員の方にお話を聞き、館内の見学をしました。仲間とともに様々な体験をして団結を強めました。

  • 9月13日(金)
    秋田市文化会館にて合唱コンクールを行いました。オープニングでは生徒会長のあいさつに続き、70周年記念の際に作曲した「附中讃歌」を披露しました。クラス別の合唱では、どの学級も練習の成果を存分に発揮してハイレベルな合唱を披露し、会場を大いに魅了しました。そのほか、ライラック・コールの皆さんの合唱、附中合唱部の息の合った歌声の披露、吹奏楽部の演奏などのプログラムが行われ、日々の練習で鍛え上げた歌声や演奏を会場に響かせました。

  • 9月27日(金)
    心の教育充実プロジェクトの一環として、生徒が自分でお弁当を作って持参する「お弁当の日」を実施しました。感謝の心を育み、食生活と健康についての関心を高め、将来に役立つ実践力を育む取り組みです。生徒は事前に、昨年度の実施アンケートを参考にしながらデザインを考え、お弁当づくりのノウハウを確認しました。当日みなさんが作ってきた色とりどりのお弁当、おいしそうです!

  • 10月11日(金)、12日(土)
    「Change and Challenge 新たな瞬間を駆け抜け,新たな自分に挑む」をテーマに、総合学習研究発表が行われました。1日目は1年生が「働くこととは」をテーマに、2日目は3年生が6コース34グループに分かれて、約2年間の研究成果を発表しました。また、2年生は小学校6年生を対象とした学校紹介や、国際理解・理数教育プロジェクトの体験授業を行いました。全校ディスカッションでは、「あなたの『あきたぷらいど』を見付けよう~Are you from Japan?No,I'm from Akita!!」をテーマに、ミエルトークを取り入れた活発な議論が展開されました。

  • 11月8日(金)
    県内外から31名の先生方をお迎えして、秋季授業研究会が行われました。道徳では、「蛍雪時代、ボクの中学生日記」を資料に、夢を実現することの難しさや責任の重さを考え、様々な立場から自己の生き方を見つめました。また、特別活動の授業では、「人が職業に就く理由とは?」をテーマに、よりよい未来を主体的に考え、他者の考えを受け入れながら、新たな自分の価値を見いだしていました。

  • 11月6日(水)、11日(月)、12日(火)
    6日にC組、11日にB組、12日にA組とD組が附属特別支援学校中学部のみなさんとボッチャで交流し、一緒に身体を動かして楽しみました。ボッチャはヨーロッパで生まれたスポーツで、パラリンピックの正式種目です。ジャックボール(目標球)とよばれる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのカラーボールを投げて、いかに近づけるかを競います。

  • 11月22日(金)
    今回の科学講座では秋田大学の石井照久先生をお招きし、「生き物の体のつくりを簡単な解剖を通して学ぼう!」という題で、イワシなどの煮干しを使った解剖実習に取り組みました。煮詰めた煮干しの中にある、脳や心臓、魚が体のバランスをとる耳石などの臓器を取り出しました。耳石を見つけたときの喜びは大きく「これは耳石ですか!?」と喜びの声を上げながら夢中になっている生徒の姿が見られました。予定していた1時間はあっという間。解剖した煮干しは食べられるというおまけ付き。脳にもからだにもうれしい時間となりました。

  • 12月3日(火)、4日(水)、5日(木)
    生徒たちは医療、福祉、保育、製造、販売など様々な業種の職場に分かれ、仕事の内容についてお話をうかがったり、実際の業務の体験をしました。普段は目にすることのない仕事の裏側で、サービスを受ける側から与える側の視点になる緊張感を感じながら、それぞれの職業への理解を深めました。生徒を受け入れてくださった関係者のみなさまに厚く感謝申し上げます。

  • 12月4日(水)、5日(木)、6日(金)
    2年生が3日間の日程で東京近郊へ学習旅行に出かけました。歌舞伎観劇や班別研修、東京大学での講義受講、東京近郊の観光など毎日盛りだくさんの体験を行い、学びと楽しみと寝食をともにして、学年の絆を深めました。

  • 12月10日(火)
    東北財務局秋田財務事務所の職員の方々をお招きし、3年生が講義を受けました。身近な公共サービスに必要なお金に関するクイズなどを通して、日本の財政状況と課題について学習したほか、「財務大臣になって予算をつくろう」というテーマでグループワークを行い、国の予算を生徒たちでつくりました。生徒は、「何か一つ(の予算)を増減することによって起こるものごとを考えて、対策を立てつつ、現在と未来どちらにも目を向けなければならない(ことが難しかった)」などと感想を述べ、グループでの活発な議論によって理解を深めたようです。

  • 12月11日(水)
    秋田大学の山口祥司先生をお招きし、「畳を敷いてみよう」という題で、いろいろな部屋に畳を敷く課題に取り組みました。畳をうまく敷くことができる部屋と敷くことができない部屋があることに気付き、その理由を考えました。生徒は、友達の考えや先生のお話から新たな考えに気付き、楽しそうに活動していました。

  • 12月20日(金)
    今回の科学講座は、地学が専門の本谷研先生から雲と雪の成り立ちについて詳しく教えていただきました。雨と霧の違いや雪が降る時のメカニズムについてスライドを通して分かりやすく説明していただいた後、特殊な条件の中で見られるサンピラー現象を再現してもらいました。部屋を真っ暗にしてライトを照らすと細かな雪の結晶がキラキラと輝く姿が。教室の中で神秘的な自然現象を見ることができて、どの生徒もとても満足げでした。

  • 1月
    秋田では珍しく、積雪のない冬になりました。雪は降っていませんが空気は冷たく、モニュメントが置かれた池には表面に少し氷がはっています。マスク姿の生徒、消毒液の設置を見ると、受験が近づいてきている緊張感がわいてきます。予防をしっかり行って風邪やインフルエンザ等伝染病に気をつけて過ごしてほしいです。

  • 2月18日(火)
    「鳩翔の誓い」では、「将来の夢」というテーマで、一人一人が自分の夢について堂々と発表しました。将来なりたい職業や、そのために今頑張ることを誓い、今後の生活への決意を新たにしました。

  • 2月20日(木)
    鳩翔の誓いでは、「20年後のわたし」というテーマで一人一人が誓いの言葉を発表しました。今年度の学習を通して学んだことから今後の自分を思い描き、近づきたい自分の姿を漢字一文字で表して、力強く発表しました。また、総合学習研究発表会では、今年度の研究から学んだことを発表しました。積極的に意見を交わしながら、今後の研究の方向性について考えを深める時間となりました。

  • 3月7日(土)
    卒業証書授与式が行われました。新型コロナウイルス対策として、卒業生と教職員のみの実施となりました。本校第73期143名の皆様、誠におめでとうございます。在校生ならびに職員一同、心よりお祝いを申し上げます。

  • 3月27日(金)
    長沼優副校長先生はじめ7名の先生方が附中から転出されました。離任式ができず、生徒の皆さんにお別れの言葉を述べることができないことを、とても残念がっていました。保護者の皆様にもよろしくとお伝えしていました。新しい赴任先でのご活躍を祈っています。